顔が見えなくても好印象!英語でのメールのマナーとテクニック

相手への敬意を忘れないようにしましょう

誰もが勉強したことがある英語ですが、仕事でメールを書くとなると難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。外資系企業だけでなくても、仕事の取引先や協力先が英語圏という場合は珍しくありません。
英語でメールを書くときに気をつけるべきことは、日本語と似ています。難しく考えすぎず、シンプルに必要な事項を書いていくことがポイントです。最初に宛名を書きますが、ビジネスメールの場合は所属等を書き忘れないようにしましょう。文章の書き出しは、内容に合わせて「挨拶」や「お礼」の一言を書きます。友人同士の英会話で使うような、言葉は使わないようにすることが大切です。次に、要件を簡潔に書いていきます。最後は締めの言葉である「Best Regards」などを書き、自分の名前を書けば大丈夫です。

件名はシンプルに書きましょう

英語が苦手でも、失礼のないメールを書くことができます。メールで大切なのは誠意を相手に伝えることです。メールを受け取った相手が一番最初に目にするのは、メールの件名です。メールの件名は、簡潔にわかりやすく書きます。絵文字は浸透していない国もあるので、ビジネスメールとしてはくだけた表現になるので使用しない方が良いです。メールを受け取った相手が次に行うのは、メールを開封することです。開封するのは、スマートフォンかもしれません。どのような状況で開封しても良いように、メールのデータ量には注意が必要です。添付ファイルは、重すぎると受け取れないサーバーの人もいます。メールの文章はテキスト形式で送る方がおすすめです。HTML形式などでは文字に色を付けたり華やかなメールを送ることができますが、パソコンによっては表示できないフォントの種類もあるのでメールはシンプルな方がおすすめです。

外資系の求人に関心があるなら、転職活動で成功するための秘訣を把握しましょう。資格があるなら積極的にアピールすべきです。特に語学や情報処理に関する資格は有利です。