面接は英語!外資系に入るために必要なスキルとは

外資系に必須の英語のスキル

外資系企業に就職をするにあたり、英語による面接が行われているところもあり、事前に英会話の能力を高めておくことが大切です。特に、就職後に海外勤務が想定される企業もあるため、将来的に役立つビジネス英語の習得に励むことがおすすめです。最近では、勤務条件の良い外資系企業への就職を目指している大学生が少なくありますが、面接の際に質問されることの多い事項を英語で答えられるように訓練をしておくことがポイントです。なお、外資系企業によっては、英語による履歴書の提出を求められることもあり、実際に各企業の入社試験を受けたことのある人の体験談を参考にすることも良いでしょう。その他、外資系企業から期待される英語のスキルは、職種によって異なることもあります。

外資系企業の中途採用の面接のポイント

外資系企業の中途採用の選考過程において、外国人の担当者と英語での面接が行われることがあります。特に、海外経験が豊富な人や、英会話を得意とする人であれば、難なくこなすことができるものの、英語が苦手な人であれば在職中から英会話スクールに通ったり、資格取得を目指したりする必要があります。外資系企業の人気の高い職種として、マーケティングや企画に関することがありますが、これまでの社会経験で得た知識や面接の際にしっかりとアピールするうえで、十分な予行練習をすることが肝心です。外資系企業の面接は、数回にわたって行われることがあり、自分の言葉で志望動機や入社後の抱負などをなるべく簡潔な英語を用いて伝えることが大切です。

英語で面接を受けるなら、あらゆる質問を想定し答えを英語で言えるようにすることが重要です。ただし答えを紙に書くのではなく、重要な英語の単語だけを書いて確認し、声に出して文を言う練習が有効です。