新卒も転職希望も必見!失敗しない外資系の選び方

外資系企業で働きたい時に確認すべきこと

外資系企業は、ワークライフバランスの仕組みが整っているところが多く、従業員の勤続年数が長い傾向があります。特に、グローバル化に伴い、外資系企業に就職を目指す若者が増えており、勤務条件の恵まれている求人を探すにあたり、様々な企業の取り組みに注目をすることが肝心です。最近では、新卒者に限らず、中途採用者の積極的な採用を行っている外資系企業もあり、職種や仕事内容などにこだわりたい場合には、余裕をもって就職活動を始めることが大切です。また、キャリアアップのための制度がしっかりとしている外資系企業は、国内外の多くの転職希望者から人気が高まっており、ライバルに差をつけるため、採用試験の対策の立て方にこだわることがおすすめです。

外資系企業から期待される人物像

外資系企業で働くためには、高い語学力やコミュニケーション能力が必要となりますが、就職セミナーなどを利用しながら、各企業で期待される人物像を必ず把握しておくことが大切です。近頃は、営業や企画、経理などのプロフェッショナルの採用を行っている外資系企業が目立ちます。また、能力やポストによっては海外勤務の可能性もあるため、求人に応募をする前に十分に確認を取ることが大事です。外資系企業の多くは、成果主義の導入が進んでおり、年齢にかかわらず仕事の出来不出来で給料や役職などに差が出やすいといった特徴があります。そこで、企業ごとの人事のシステムに注目をしながら職場選びをすることで、就職後に各自の能力を活かすことができます。